30代の基礎化粧品

30代に必要な基礎化粧品を学ぶ

 20代に比べて30代というのは肌の不調が出やすくなる年代となりますので20代とは基礎化粧品の選び方を変えていく必要があり、特に重点を置かなければいけないのが20代に比べて肌から減ってしまった水分を補えるかどうかという点です。

 

そこで30代の基礎化粧品の選び方としてまず考えないといけないのはセラミドやヒアルロン酸といった出来るだけ高保湿成分が入った基礎化粧品を選ぶのが良く、こうした基礎化粧品を使って減ってしまった水分を補う事で30代以降に見られる小じわやたるみの対策にもつながります。

 

また自分の肌の悩みにあった成分が入っているかどうかというのも見ておきたい部分で、エイジングケアやシワ、シミや美白、ニキビや肌荒れに良い成分がどれだけ入っているかというのは重要なポイントです。

 

特にエイジングケアでしたらレチノールやコラーゲン、シミや美白にはトラネキサム酸やアスコルビン酸、ニキビや肌荒れにはグリチルリチン酸2Kが良いですので、これらの成分が入っている基礎化粧品には是非注目しておきましょう。

 

ちなみに30代に入ったから無理に高い基礎化粧品を買う必要というのは全くなく、大事なのは値段よりもどんな成分が入っているかという事を見る事になります。
無理に高い化粧品を買ったとしても肌のターンオーバーには1ヶ月から3ヶ月はかかると言われていまして、仮に高い化粧品を購入しても効果を実感する前に続けられなくなるといった事もあり得ます。

トップへ戻る