ニキビ跡の化粧水

ニキビ跡の基礎化粧品サンプル

 ニキビが治ってもニキビ跡が残ってしまうことがあります。ニキビ跡は凹凸と色素沈着の2種類あり、それぞれケア方法が異なります。凹凸のニキビ跡を化粧水でケアする場合は、保湿ケアが重要です。

 

ニキビができる肌はバリア機能が低下して炎症が起きている状態なので、まず肌のバリア機能を高める必要があります。ビタミンC誘導体はニキビケアによく使われます。多くの美白化粧品に配合されていることで知られるビタミンC誘導体ですが、ニキビ跡のケアでも活躍します。

 

皮脂の分泌を抑えて色素沈着を防ぐので、色素沈着が残ってしまったタイプのニキビ跡にも効果的です。新陳代謝を高めて肌をなめらかにするので、ニキビケアに適しています。
ビタミンCは体内のコラーゲンを作るためにも必要な成分で、コラーゲンが増えることでニキビ跡のケア効果が期待できます。

 

ビタミンC誘導体が配合された化粧品はイオン導入にも使えます。最近は美容家電が人気を集めていますが、自宅でイオン導入を行うときにビタミンC誘導体配合の化粧品を使う人は多いです。イオン導入は微量の電流を利用して化粧品の有効成分を肌の奥深くまで浸透させることができます。ビタミンC誘導体も肌の深い部分まで届きますが、イオン導入を行うことでより浸透効果が高まります。

 

毎日のスキンケアにも定期的なスペシャルケアにもビタミンC誘導体は役立ちます。スキンケアを続けることによって肌に透明感が戻り、新陳代謝が活発になるので本来の健康な肌へと回復していきます。

トップへ戻る